オープニングは堤剛プロデュースから。クァルテット・エクセルシオと共に、ボッケリーニやシューベルトの五重奏曲が奏でられた。