2011

2012

2013

「世界的ホルン奏者と日本の若手ホープ達とのコラボ」

世界的ホルン名手のラデク・バボラークとサントリーホール室内楽アカデミフェローとの共演で、

モーツァルトのホルン五重奏曲変ホ長調K.407が演奏された。映像は第1楽章の演奏。これぞホルンの音色、香り。

(2012年6月16日 マルシェ ワンコイン・コンサート#2より)

2012年の堤プロデュースは期待の若手をゲストに。クラリネットの橋本杏奈とピアノの須関裕子、そして堤による情感たっぷりのブラームスでガーデンの幕開け。